ニキビ肌の改善とその対策についてのお話

私はもともと高校生くらいの頃から、ニキビに悩まされて皮膚科に通院するほどの脂性肌でした。

そのため、ニキビに関する知識を身に着けて、できることであればニキビを改善して、よりきれいな素肌になれるよう人一倍努力の日々を送ってきたことを自負しています。

それでも、当時は全く知らなかった今となっては当たり前とも言えるような知識についてこの度はお話させていただきたいと思います。

まず最初に、刺激物の過剰摂取による吹き出物ができやすいという説についてですが、確かにそういった方もあるかもしれませんが、個人的な実感としてはそうとは思えませんでした。

それに、ニキビは洗顔をこまめいしていれば予防できるといったことも、逆にお肌に必要とされる油分を余計に洗い流してしまい、お肌が乾燥してコンディションが悪くなり結果的にニキビが悪化するということもありました。

さらには、ニキビは潰さない方が良いという話もありましたが、皮膚科に通院して施術してもらった方法は、毛穴を傷つけることなく、清潔で消毒されている器具によって、正しい方法をもって、潰すといった手段でニキビにアプローチすることとなりました。

結局のところ、付け焼き刃のどこかで見聞きしたようなことではなく、正しいスキンケアによっていくらでも改善の余地があるということを知ることとなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です