化粧水の量とつけ方は、コットンをうまくつかって毎日パックする感覚で。

私が日頃のスキンケアで気をつけていることは、量とつけ方です。

高価な化粧水を少しだけつけるよりも、お手軽価格の化粧水をたっぷりとつけるようにしています。これについては、量より質・質より量と意見が分かれるところだと思いますが、私自身はついついサボったり適当なスキンケアをしてしまいがちなので、丁寧にスキンケアをする習慣を持続させるという意味でも、自分にはたっぷりとつけるほうが良い練習、訓練?になるような気がしています。1回の使用量として、メーカーではよく500円玉程度が推奨されていますので、気持ちそれよりも多く使っています。

また、つけ方については、かたすぎず適度にクッション性のあるコットンにたっぷり染み込ませ、一回一回のお手入れが、パックをしているようなイメージでやっています。目元のシワなど気になる細かい部分にも化粧水が浸透するように優しく丁寧にポンポンとたたき、全体にムラがないようにしっかりと伸ばしていきます。コットンの動かし方は、繊維の向きに逆らうと毛羽立ってしまうので、流れに沿って優しくつけるようにしています。顔の中心には注意がいくのですが、あごの周り、首回りなども忘れずつけるようにしています。
もっと詳しく>>>>>ラメラエッセンスCの効果と口コミと評判をチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です